貸切バスの運賃の計算方法

上限と下限の間で基準が決められている

集団旅行をするとき、便利なのが貸切バスです。鉄道を利用するときと異なり、途中での乗り換えが必要ありません。待ち時間などもなく、スムーズな移動が可能になります。では利用する時にはどんな運賃の計算方法になっているかです。高速のバスの運行に関して、国土交通省で一定の運賃算定の基準が示されています。業者はその基準の中で決められた方法を用いて算定をしています。キロ制運賃と時間制運賃があり、さらに大型車、中型車、小型車などで上限と下限が決められています。上限を超えたり下限未満での運行はできません。その間でどう決めるかは業者によって異なります。同じ距離でも、キロ制を用いるところと時間制を用いるところでは異なるときもあります。

運賃以外にかかる費用の把握

貸切バスを利用するとき、最終的ない支払額を知っておく必要があります。決まりにおいては運賃と料金とに分けられ、運賃では時間やキロによる上限や下限が設定されています。料金は特殊にかかる費用で、交代運転手が必要な時、深夜や早朝に運行するときの費用、特殊車両を運行するときの費用などが加算されます。これらはバスを利用するためにかかる費用ですが、その他実費なども掛かります。高速道路を利用するときの高速料金や、駐車場を利用するときの駐車料金などがあります。数日に渡って利用するときは運転手の宿泊費や食事代なども実費が必要になります。最終的に請求されるのは、それらをすべて合算した金額になります。見積書を作成してもらえば、ある程度の概算が分かります。

貸切バスを大阪で利用する場合には、関西圏に留まらず長距離の旅行にも対応してくれるバス会社も多くあり、社員旅行や修学旅行にも最適です。

貸切バスは、社員旅行や卒業旅行など様々な目的で利用でき、乗車人数やスケジュール、車両などを上手く調整することで、旅行会社のパッケージツアーよりも旅費を安く抑えるというメリットがあります。また、ネット上で数か月先の貸切バスの予約ができるバス会社も増えており、運賃やサービスの内容などを比較しながら契約先を決めることができます。

© Copyright Reserve Charter Buses. All Rights Reserved.