乗り心地の良い貸切バスの特徴

快適なバスの旅を楽しむコツ

団体で貸し切りバスを利用して観光地へ行く場合、最終目的は観光地で楽しむことですが、せっかくの貸し切りバス利用であれば、貸し切りバスの中でも快適に過ごせた方が良いです。貸し切りバスもバス会社によってバスのスタイルが微妙に違ったりしているので、しっかり事前チェックをしたうえで快適な旅になるようなバスを借りましょう。
まず、人数によって大型の貸し切りバスを利用するのか、小型を借りるのかに分かれます。そして、車内のつくりもバスによって異なっています。ゆったりと座れるような貸し切りバスは、背もたれのリクライニング機能がかなり充実しています。バスによってはリクライニングさえ使えないものもありますから注意しましょう。

トイレがあるとなおよい

貸し切りバスによっては、バスの車内にトイレが付いているものもあります。長旅であれば、途中で休憩が必要になりますので、パーキング等でトイレ休憩をはさむでしょう。しかし、トイレ休憩した場合でも、人によっては走行中にトイレに行きたくなる場合があります。この時も安心してトイレが利用できるのがトイレ付のバスです。 また、これは夜行バス等で見かけるタイプですが、3列の独立シートというバスもあります。通常は4列シートですが、それぞれのシートがゆっくり使えるようなつくりになっているのが3列独立シートです。なかなか貸し切りバスではあまり見かけませんが、こんな形の貸し切りバスを利用できれば、満足のいく快適な旅ができるでしょう。

貸切バスは、社員旅行や卒業旅行など様々な目的で利用でき、乗車人数やスケジュール、車両などを上手く調整することで、旅行会社のパッケージツアーよりも旅費を安く抑えるというメリットがあります。また、ネット上で数か月先の貸切バスの予約ができるバス会社も増えており、運賃やサービスの内容などを比較しながら契約先を決めることができます。

© Copyright Reserve Charter Buses. All Rights Reserved.